銀座で選ぶ婚約指輪について

婚約指輪というものは実際のところいただいたこともございませんのでどういう感じなのか正直言ってわかりません。

しかし今回は想像して書いてみようと思います。

パターンがいくつかあると思います。

婚約指輪は男性から女性へ送るものであると認識しております。

結婚を約束した二人が一緒に買いに行く場合、男性がプロポーズの時に指輪を差し出して「結婚してください」

という場合などでしょうか。

あまりパターンでさえ思い浮かびませんが。

結婚を約束した二人が一緒に買いに行く先は、やはり銀座の宝石店でしょう。

有名なお店で自分のために宝石を買ってもらうなんて素敵ですね。

いつか私もと思っているうちに年を重ねてしまいもういただけるような年ではないのですけれども。

指輪事態しないのでサイズが何号なのかもわかっておりません。

それでも東京近郊に住んでいたら銀座でお買い物も夢の話ではございません。

銀座でお買い物途中に素敵な指輪を見つけて、後日おつきあいしている男性からもらえたら最高ですね。

婚約指輪を買いに行くとしたら私は絶対に一緒に行きます。

しかも銀座あたりでゆっくりと選びたいと思います。

何回か足を運ばないとこれという指輪には会えないと思いますのでもし婚約指輪を買ってくれる人が現れたら真剣に選んで買ってもらいたいと思います。

そして私は貰ったからには仕舞い込むということをしないで毎日つけようと思います。

そして自慢したいと思います。

「この指輪は主人に銀座で買ってもらったのよ」

と言って。

どんな指輪であったとしても私は自慢したいと思います。

今の時代、婚約指輪は省略されてしまうことが多い中、下さるといってくれるのですから。

私の友人で婚約指輪をもらったことのある人は果たして何人くらいいるのでしょうか。

おそらく2、3人いるかいないかくらいでしょう。

とにかくそういった話は聞かないものですから。

結婚10年目のスウィートテンの記念指輪を買ってもらったという話に限っては聞いたことがございません。

銀座で婚約指輪を買う

やはり男性は独身最後のあたりが一番お金持ちなのでしょうかね。